http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
昨年の秋に会った外来種のお花のつづきです。


アカザカズラ  ツルムラサキ科アカザカズラ属
南アメリカ原産の多年草
5アカザカズラ22-11-2-3
オカワカメという名前で売ってあったりします。 結構美味しいです。 10月6日福岡県にて撮影
近所に民家も畑も無い所なのに、どこから来たのかな?


フウリンユキアサガオ(風鈴雪朝顔)  ヒルガオ科
中国原産の1年草     別名 アワユキヒルガオ
6フウリンユキアサガオ2-6-18-4
真っ白いお花が沢山ついていて、とっても奇麗でした。       10月12日宮崎県にて撮影


アレチイボクサ(荒地疣草)  ツユクサ科イボクサ属
新しい外来植物らしいです。
ネットに、一昨年名前が決まったことが載っていました。
7アレチイボクサ7-2-4
ムラサキツユクサのミニチュア版のようでした。    10月28日鹿児島県にて撮影


ノゲイトウ(野鶏頭)  ヒユ科ケイトウ属
熱帯アメリカ原産の1年草  花期 6~10月
8ノゲイトウ2-9
江戸時代に渡来したそうです。    11月6日大分県にて撮影


最後は・・・ニガクサみたいだけど、なんだか違うかも・・・?
ネットで調べるとニガクサにも外来種があるみたいです
9ニガクサ?26-4-18-20
以前会ったニガクサはこんな感じでした
9ニガクサ22
外来ニガクサ?の方は蕾の数が多く、ガンガン日が当たる場所で元気に咲いていました。
在来ニガクサの方は、花数が少なく、ひ弱な雰囲気。 林下の明るい影に生えていました。

ちゃんと比べられる写真が無かったので、また機会があれば写真を撮って来たいと思います。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) 
家の外に出ると周辺は帰化植物だらけなのですが、
我が家の近所ではあまり見かけない帰化植物さんなどや、たまたま写真を撮った物などです。


ナガボノウルシ(長穂野漆)  ナガボノウルシ科ナガボノウルシ属
熱帯アフリカ原産の1年草     田んぼの中に生えていました
1ナガボノウルシ1
何科か見当もつかず、当然名前も分からなくて図書館へ。
『ナガボノウルシ科』て名前と同じじゃそりゃ見当つかなくても仕方ない
1ナガボノウルシ5-8-9
しかも驚いたことに「1965年に熊本県玉名市で初めて採集」とのこと。 熊本が最初?
撮影は熊本市に隣接する嘉島町です。(9月4日撮影)
嘉島町は今まで他にも「外来種の・・・」でアップしたような花もあって、田畑が多いので
普通の道端で見るものとはまた違った外来種が入って来やすいのかな?と思います。

もう一つ驚いたのは、実はこれ食用になるそうな。 あまり食欲そそるフォルムではないなぁ



タマザキフタバムグラ(玉咲二葉葎)  アカネ科フタバムグラ属
鹿児島県に行った時に、道の駅の駐車場に生えていました
4タマザキフタバムグラ1-5
とにかく小さい小さいお花でした。     9月23日撮影


ウキアゼナ(浮畦菜)  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ウキアゼナ属
北アメリカ原産の1年草  花期 秋     鹿児島県の田んぼにて
3ウキアゼナ4-27-6
熱帯魚用の水草として輸入したものが逸出したそうです。   9月24日撮影


ウォーターバコパ  ゴマノハグサ科(オオバコ科)ウキアゼナ属
アメリカ原産の多年草   大分県の湿地にて
ウォーターバコパ36-19-5
このお花も水草として輸入したものが逸出したようです。     8月27日撮影
誰かここに捨てたのかな・・・希少植物も生える所なのに、無責任なことするなぁ


ナルトサワギク(鳴門沢菊)  キク科キオン属
アフリカ南部マダガスカル原産の1年または多年草
2ナルトサワギク12-3
1976年に徳島県鳴門市で発見されたそうです。

見た目からはちょっと意外なのですが、
アルカロイドを含み有毒なため、家畜が食べたことによる中毒死の例もあるそうで
特定外来生物に指定されています。

9月24日鹿児島県の海岸近くにて撮影

もう1回つづきます  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2017.01.31/ 22:19(Tue)
去年の一番最後に会ったのは、このお花でした。


マルバテイショウソウ(丸葉禎祥草)  キク科モミジハグマ属
四国(高知県)、九州(中部以南)に分布  花期 11~12月
低山地の林下や林縁に生える多年草です
1マルバテイショウソウ57

「葉は、若い時は葉柄とともに汚白黄色の長い軟毛が密に生えているが、
 伸びると上面はふちに褐色のくま取りを残して淡緑色の光沢に富むようになる」
2マルバテイショウソウ2-3-3
夏に小さな蕾を付けた花茎が上がってきていました

「葉は長柄があり、葉柄は長さ4~9cm 褐色の長い軟毛を密生し、葉身は卵形、
 長さ5~10cm、円頭、基部は深く心形、全縁または微凸があり、両面に密に褐色毛がある」
3マルバテイショウソウ122-4-63

「花茎は30~60cmで、密に褐色毛がある。
 頭花は穂状につき、側~下向きに咲き、幅1cm、花柄は2mm」
4マルバテイショウソウ37-49-103-42-115
「小花は頭花あたり3個で白色。花冠は5裂して先はねじれ、長さ12~13mm、筒部は6.5mm
 総苞はやせた筒状で長さ7~17mm」
5マルバテイショウソウ51
キッコウハグマとお仲間で、丈は比べ物にならないくらい大きいものもありますが、
お花は(マルバテイショウソウの方がやや大きめだけど)小さくてよく似ていました。

「そう果は倒披針形で少し扁平、長さ5mmでねた褐色毛がある。
 冠毛は淡褐色、長さ8~10mm、絹状の光沢がある。」
6マルバテイショウソウ72-84
右の写真は、多分、閉鎖花だと思います。
12月11日撮影

葉を発見してから足掛け2年、ようやく花に会うことができました


参考文献
『日本の野性植物 草本Ⅲ 合弁花類』平凡社 2000年
『新牧野日本植物図鑑』北隆館 平成20年
『九州の野の花』西日本新聞社 1997年
『レッドデータプランツ』山と渓谷社 2003年
『野草検索図鑑 2 双子葉の野草Ⅰ』学習研究社 1985年  
編集[管理者用] Trackback(0) 
2017.01.23/ 23:03(Mon)
未だに去年を引きずっているというのに、
色々とあって、ブログの更新にまでなかなか手が回らずの毎日です

間が空きましたが、前回の続きです。


キッコウハグマ(亀甲白熊)  キク科モミジハグマ属
北海道、本州、四国、九州に分布  花期 9~10月
山地の林内に生える多年草です
キッコウハグマ2
小さくて可愛いお花です。 閉鎖花が多いです。


シマカンギク(島寒菊)  (別名アブラギク)   キク科キク属
本州(近畿地方以西)、四国、九州に分布  花期 10~12月
日当たりのよい山麓に生える多年草です
シマカンギクジンジソウ1-2
とても良い香りがします。


ジンジソウ(人字草)  ユキノシタ科ユキノシタ属
本州(関東以西)、四国、九州に分布  花期 9~11月
山地の湿り気の多い岩壁や斜面などに生える多年草です
シマカンギクジンジソウ2-1
下の花弁の形が「人」の字に似ていることが名前の由来です。


スイラン(水蘭)  キク科スイラン属
本州(中部地方以西)、四国、九州に分布  花期 9~10月
水辺または湿地に生える多年草です
スイラン28-22-18-15
水蘭といってもラン科のお花では無く、キク科のお花です。
結構背が高くて、1m位までになります。

水が多い所に生えて、葉が細いのでこの名がついたそうです。
似たものにマンシュウスイラン(チョウセンスイラン)があり、九州の高原の湿地に生えます。 
編集[管理者用] Trackback(0) 
2017.01.18/ 21:52(Wed)
11月に会ったお花です


佐賀県で会ったキクなのですが、ブゼンノギクだと思っていたら
図鑑には
「ブゼンノギクは大分県の産で、佐賀県や熊本県からの報告は誤認である」と載っていました。

佐賀県で会ったお花です
黒髪山16
岩の上に生えていました。 ヤマジノギクに似ていますが、葉が細いです。

次は、大分県で会ったお花です

ブゼンノギク(豊前野菊)  キク科ハマベノギク属
九州(大分県)に分布  花期 10月   岩上にまれに生える越年草です
ブゼンノギク 耶馬溪25
ほぼ終わっていたのではっきりと葉が写っていませんが・・・

ブゼンノギクの特徴は「茎や葉に毛は全く無く、葉は線形」とのこと

左は大分県のブゼンノギクで、毛がありません。   右は佐賀県の?キクです。
ブゼンノギク18黒髪山7

日頃からキク科って難し過ぎるって思っていますが、やっぱり毛があるか無いかって違いだけで
名前も変わってくるんですかね・・・。
それとも、それが大切なのよ、ってことなのかな。 素人には難しいなぁ・・・

参考文献
『日本の野性植物 草本Ⅲ 合弁花類』平凡社 2000年


リンドウ(竜胆) リンドウ科リンドウ属
本州、四国、九州に分布  花期 9~11月
山野に生える多年草です
リンドウ12
花付きが良くて、とてもゴージャスな株でした 
編集[管理者用] Trackback(0) 
 
Copyright © 2017 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.
まとめ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。