FC2ブログ
http://payanpu.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

paya

Author:paya
野山に出かけて花を愛でるのが大好きな一家です。

訪問者

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.03.21/ 18:30(Fri)
5日前の日曜はフクジュソウを見に出かけました。

フクジュソウも色々と種類があって、
地域的に九州には無いものもありますが、
(もしかするとあるかも知れないし・・・)
がく片の大きさや、花びらの裏の色、茎が中空か中実かなど
色々と見分けるポイントがあるらしいです。

ですが・・・・・

早い話が、結局どれだかハッキリとはわかりませんでした

8フクジュソウ
がく片の長さが花弁と同じくらいあるし、中実だったので、
多分、フクジュソウと思うのですが・・・一応、広義に『フクジュソウ』としておきます。

フクジュソウ(福寿草) キンポウゲ科フクジュソウ属  北海道~九州に分布
1フクジュソウ1

花期2~4月の多年草です。

2フクジュソウ7

別名 元日草(がんじつそう)、朔日草(ついたちそう)

東北地方には「ツチマンサク」という別名もあるそうです。
「マンサク」はマンサクの木と同じく「まず咲く」の意。
早春に土から、まず花を咲かすということですね

4フクジュソウ3

アイヌ神話では、女神クナウの化身とされるそうです。
また、この花が咲く頃、イトウという魚が川をのぼってくるといわれ
春の訪れを知らせてくれる花なのだそうです。

5フクジュソウ5
よく開いていますね~
花は日が当たると開き、曇天下では閉じます。

美しいですが、有毒なので気を付けてくださいね

6フクジュソウ2
江戸時代末には、多くの園芸品がつくられ、
「本草要正」には126もの品種が記録されているそうです。

山地の、やや明るい林内の斜面に生えていました。
7フクジュソウ6

林の樹の葉が新緑で一杯になって、緑で覆われる頃には
花は無くなって実を結び、地上にある部分は姿を消します。


リンクさせていただいている『切り撮りLittle Garden』さんも
フクジュソウの記事で同じ日にアップされています。
蕾や実の写真も載せられていますので、そちらも是非ご覧ください。
少し大人のフクジュソウ


参考文献
『日本の野草』小学館 1991年、『草木の本』光琳社 1998年
『里山・山地の身近な山野草』主婦の友社 2010年 、
『野草検索図鑑』学習研究社 1985年
スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
 
Comment
 

ほんとだw

フクジュソウでしたねw
自生しているところは、きれいですね。
私は自生しているのは、見たことないです。実家の庭に昔ありました。
(父が、たぶん実家の山から掘ってきたはずw)
ツチマンサクという呼び名は聞いたことがありません…実は地域によっては嫌われている花だったりします、たぶん毒のせい?

NAME:きくちゃん | 2014.03.21(金) 22:48 | URL | [Edit]

 

Re: ほんとだw

きくちゃん、こんばんは。

寒い地方の方が沢山咲いている
ようなことをネットで見かけたので、
もっと「普通に咲いているのかな?いいな~」って
勝手に思い違いしておりましたe-330

こちらでは体力的な苦労をしないと見れない花です。
何時間か山登りか(←去年はこれで)
危険な傾斜地をよじ登り不安定な場所で撮影するか
(↑今年はこれで)
一つ間違えたら1キロ下の山すそまで
一気に滑り落ちていくんじゃないか?って感じで
超怖かったです(>_<)

キンポウゲ科は毒がねぇ・・・
綺麗な花には毒がある。よね(^_^;)

NAME:paya | 2014.03.21(金) 23:26 | URL | [Edit]

 

こんばんは

フクジュソウも当地辺りではほとんど自然の状態では見られなくなりました。
イチゲの仲間やフクジュソウまで今も自然の姿で見られるとは、
恵まれた土地柄ですね。
それにしても、野草とは言えゴージャスな花ですね。
いかにも「福寿」のイメージで、元日草の別名も頷けますね。
こんなのがウチの近くでも見られたら、
今の数倍は山歩きもしたかもですね。

NAME:dechnocrat38 | 2014.03.22(土) 01:16 | URL | [Edit]

 

ツチマンサク

今朝、母と電話で話したところ、昔はツチマンサクと言っていたそうですw
母は秋田よりの山よりの地域出身で、家の近くで咲いていたそう。
カタクリと同じころ咲いていたというので…たぶん連休のころ?
(去年、カタクリまつりというので山に行ったのが連休…まだ咲いてなかったのですが…)
北国の春は、なんというか、一緒くた…。桜も連休に咲きますw でも雪もちらつきます。

NAME:きくちゃん | 2014.03.22(土) 08:12 | URL | [Edit]

 

フクジュソウきれいですよね
我が家のも咲きました
株分けしたので今年は花が咲くまで心配でした
4株なんとか咲いてくれて安心しました

NAME:natutubaki | 2014.03.22(土) 19:49 | URL | [Edit]

 

Re: こんばんは

dechnocrat38さま、こんばんは。

こちらでも、イチゲやフクジュソウは、
遠くまで出かけて行かないと
なかなかお目にかかれません(^_^;)

イチゲは山手の人里近くにありますが、フクジュソウは
きついのを覚悟で会いに行かなければならないので
今年は会いに行くか、ちょっと迷いました。

でも、わざわざ会いに行く価値ありですね(*^_^*)
もっと近ければ私も毎日でも登山したいのですが・・・
大変な場所だからこそ、
自然の中に残っているのかも知れませんね。

NAME:paya | 2014.03.22(土) 23:12 | URL | [Edit]

 

Re: ツチマンサク

きくちゃん、こんばんは。

リアルな話が聞けてありがたいです。
なにせ本からの受け売りで、
直に聞いた話ではなかったので(^_^;)

カタクリはこちらでも連休の頃です。
でもフクジュソウはかなり違いがありますよね。
花によって開花のずれ方が違うのかな?
それとも品種が違うからなのかな・・・?
不思議ですよね。

フクジュソウもカタクリも桜もいっせいにかぁ・・・
賑やかですねe-420
綺麗でしょうねぇ(*^^*)

NAME:paya | 2014.03.22(土) 23:21 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

natutubakiさま、こんばんは。

> フクジュソウきれいですよね
綺麗ですよねぇ(*^_^*)

こんなに綺麗なら、江戸時代にも
品種改良で人気があったのもうなずけますよね。

山ではぽつんぽつんと離れて咲いていましたが、
栽培されると密集して咲いてくれるのでしょうか?
集まって咲くと、なお一層綺麗でしょうね(*^。^*)

NAME:paya | 2014.03.22(土) 23:29 | URL | [Edit]

 

夢の国は フクジュソウでしたか?
がんばりましたね

フクジュソウに会わないと 春が逃げていきそうで・・
毎年会いたい花のひとつです

NAME:のけぼし | 2014.03.24(月) 08:53 | URL | [Edit]

 

Re: タイトルなし

のけぼしさま、こんばんは。

のけぼしさんと同じ所へはとても無理だったので、
偶然見つけた場所で撮影してきました。
でも、登山道でもない所を無理矢理登ってだったので、
足元が怖くて、命がけな気分でした(^_^;)

危ない割に、群生まではしていないので
沢山は撮影できなかったのですが
手前にあった花だけでも
十分満足させてくれる美しさでしたe-420

低山登りも、少しは道なき道への
鍛錬の効き目があったようです。
でも、ホント怖かったですe-263

NAME:paya | 2014.03.24(月) 21:36 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2020 ぱやんぷ一家参上, all rights reserved.